八重山諸島の紹介

​「八重山諸島とは」・・・・

沖縄本島よりもさらに位置する八重山諸島は、中心となる石垣島をはじめ、有人島では日本最南端の波照間島、日本最西端の与那国島、竹富島、小浜島、黒島、鳩間島、西表島、新城島、由布島の有人島と、尖閣諸島など多くの無人島からなる。島々は珊瑚礁に囲まれ、亜熱帯特有の自然景観に恵まれている。国指定の天然記念物も多数あり、自然の宝庫である。

y八重山諸島の総面積は、沖縄県全面積の約4分の1に相当し、西表島は沖縄本島に次いで2番目に大きく、石垣島は3番目に大きな島。

・東京へは約2000km

・沖縄本島へは約400km

・与那国島から台湾へは約111km

 

 

​「八重山諸島の島々」・・・・

石垣島(いしがきじま)Isigaki Iland

八重山諸島の中心、周囲139km、面積222.25平方km、人口約49000人、石垣島は新石垣島空港が開港されたことにより

 八重山諸島の玄関口とされ、各離島へのも船が出航している。ダイビングではマンタや美しい珊瑚礁を見ることができ世界的にも人気のスポットである。

竹富島(たけとみじま)Tkaetomi Island

文化遺産の島である、周囲9.2km、面積5.42平方km、人口約350人、町並みは重要伝統的建造物群保存地区に指定されており数多くの歌謡(民謡・古謡・わらべうた)、芸能、伝承、風習などの伝統文化を継承している。

波照間島(はてるまじま)Hateruma Island

日本最南端の有人島、周囲14.8km、面積12.77平方km、人口約520人、日本国内で2〜6月にかけ南の空に「南十字星」が観測できます。波照間島には美しい「ニシ浜」があり、白い砂と美しい海の景色を満喫できます。

鳩間島(はとまじま)Hatmama Island

美しい港の鳩間島、周囲3.9km、面積0.98平方km、人口約60人、歩いて1時間30分ほどで島を一周できるほどで、集落内では可愛いヤギに出会えたり小学校のすぐ横には美しい海がありとても癒される、島の中央には灯台がありそこから青い海と西表島を望むことができる。

由布島(ゆぶじま)Yubu Island

西表島から歩いていける。周囲2.0km、面積0.15平方キロメートル、人口12人、西表島の観光名所の一つで水牛車に乗り約10分で「南国の楽園」に到着、島は植物園になっており、たくさんの植物、蝶々が飛び交っており、南国の雰囲気に心癒される。

西表島(いりおもてじま)Iriomote Island

日本最後の秘境と言われ、周囲130km、面積289.27平方km、人口約2240人、

沖縄本島に次ぐ沖縄で2番目に大きな島です。島の90%は亜熱帯の自然林で覆われ「イリオモテヤマネコ」や「カンムリワシ」などたくさんの野生生物の宝庫である。

小浜島(こはまじま)Kohama Island

ドラマ「ちゅらさん」の舞台。周囲16.6km、面積7.82平方km、人口約580人、島の中央には大丘「うふだき」と読み

頂上の展望台からは遠く石垣島、竹富島、黒島、新城島、西表島、天気がよければ波照間島まで見える。

新城島(あらぐすくじま)Aragusuku Island

方言で「パナリ島」(離れ島)上地島:周囲6.2km、面積1.76平方km、下地島:周囲4.2km、面積1.58平方km、人口17人、

昔は美しい海にジュゴンも住んでいたことから人魚の棲む島とも言われるくらい美しいエメラルドブルーの海が広がっている。

黒島(くろしま)Kurosima Island

「ハートの島」と言われている。周囲12.6km、面積10.02平方km、人口約200人、集落以外は島の大半が牧場になっており牛は約3000匹いると言われ「牛の島」とも言われ、毎年2月には牛まつりが行われ各離島〜観光客等でお祭りを楽しんでいる。

嘉弥真島(かやまじま)Kayama Island

小浜島の北東約2kmの小さな島、周囲2.4km、面積0.39平方キロメートル、人口0人、島には野ウサギがたくさん住んでおり、周りの海は美しい珊瑚礁やたくさんの熱帯魚が棲む人気のシュノーケルポイントです。